一目でわかる
電通グループ

電通グループの存在意義

顧客、パートナー、従業員、
そしてすべての生活者の成長に寄与することによって
より良い社会を実現するために存在する

詳しく見る

電通グループの提供価値
インテグレーテッド・グロース・ソリューション

マーケティングの領域を超え、
グループの多様なケイパビリティを統合することで
顧客企業のトップラインの成長を実現

詳しく見る

2020年度ハイライト

売上高4.5兆円

売上総利益8,350億円

調整後営業利益1,239億円

調整後ROE8.1%

詳しく見る

市場

日本で創業し、
今では全世界で事業展開145国・地域

詳しく見る

高成長領域

電通グループの事業は高成長領域に強み

デジタル領域が連結売上総利益の54%

「カスタマートランスフォーメーション&テクノロジー」が連結売上総利益の28%

幅広いケイパビリティによる独自のマーケットポジション

  • トランスフォーメーション
    戦略・成長戦略
  • システムインテグレーション
  • カスタマーエクスペリエンス
    マネジメント(データ&アナリティクス)
  • マーケティングテクノロジー
  • クリエーティブ
  • メディア
  • コンテンツ&スポーツマーケティング

詳しく見る

人財

グループ従業員数64,000

詳しく見る

サステナビリティ

電通サステナブル・ビジネス・ソリューション

詳しく見る

サステナブル・ビジネス・ボードを新設

詳しく見る

中期経営計画での約束2021-2024

事業変革と成長

オーガニック成長率
2021年から2024年にかけてCAGR3-4%

カスタマートランスフォーメーション&テクノロジーの売上総利益構成比を高める今後50%

オペレーションとマージン

オペレーティング・マージンを漸進的に改善

連結では2024年までに17%+
国内事業は2022年までに20%
海外事業は2022年までに15%

資本配分と株主還元基本方針

中期的なNet Debt/EBITDA倍率
(IFRS16控除ベース)×1.5水準

基本的1株当たり調整後当期利益に対する配当性向を漸進的に高める今後数年間で35%へ

ソーシャルインパクトとESG

2030年までにCO2の排出量46%減

2030年までに再生可能エネルギー使用率100%

※再生可能エネルギーが利用可能な国・地域限定

従業員エンゲージメントスコアの向上

従業員のダイバーシティ&
インクルージョンの推進

詳しく見る

閉じる

このウェブサイトではサイトの利便性の向上を目的にクッキーを使用します。ブラウザの設定によりクッキーの機能を変更することもできます。詳細はクッキーポリシーをご覧ください。サイトを閲覧いただく際には、クッキーの使用に同意いただく必要があります。