内部統制基本方針

2020年度のグループ内部統制の基本方針

内部統制システムは、取締役、執行役員および従業員が自らを律し、本会社が社会的責任を全うし、成長していくための体制です。
本会社および子会社(以下、「本会社グループ」という)は、本会社グループの取締役、執行役員および従業員の職務の執行が、法令および定款に適合し、業務が適正に行われることを確保するために順守すべき共通行動規範として「電通グループ行動憲章」を位置づけ、内部統制システムの維持・向上を図ります。

1. 取締役、執行役員および従業員のコンプライアンス体制

  1. 取締役および執行役員は、取締役会規則、グループ経営会議運営規則、取締役規則および執行役員規則等の諸規則に則り、適切に職務を執行します。
  2. 取締役および執行役員は、法令違反その他のコンプライアンスに関する重要な事実を発見した場合には、遅滞なく取締役会やグループ経営会議等において報告するとともに、速やかに監査等委員会に報告します。
  3. 従業員のコンプライアンス体制の維持・向上を図るために、担当部署が規則・マニュアル類の整備、研修教育の実施を行います。
  4. 法令違反その他のコンプライアンスに関する社内相談窓口を設けるとともに、社内外に内部通報窓口を設置し適切に運用します。
  5. 監査等委員会からコンプライアンス体制についての意見および改善策の要求がなされた場合は、取締役および執行役員が遅滞なく対応し改善を図ります。
  6. 反社会的勢力および団体との関係を遮断し、反社会的勢力および団体からの要求を断固拒否するために担当部署を設置し、社内外の協力窓口と連携して対応します。

2. 取締役および執行役員の職務執行の効率化を図る体制

  1. 取締役および執行役員の職務執行を効率的に行うために、取締役会のほか、グループ経営会議、電通ジャパンネットワーク・ボード、電通イージス・ネットワーク・ボード、各種委員会を開催し、経営方針および経営戦略に関わる重要事項等についての意思決定を適切かつ機動的に行います。
  2. 上記会議体等での決定事項は、職制を通じた伝達のほか、緊急を要する場合には、社内電子掲示板システム等も活用して全従業員に迅速に伝達し、速やかな業務執行を図ります。

3. 取締役および執行役員の職務執行にかかる情報の保存・管理体制

取締役および執行役員の職務執行にかかる情報については、文書管理規則および情報管理諸規則に基づき、適切に保存・管理します。

4. リスク管理体制

  1. リスクの発生を防止するとともに、リスクが発生した場合の損害を最小限にとどめる体制の維持・向上を図るため、リスク管理規則を定め、内部統制・リスク委員会のもと、リスク管理状況について自己点検を行い、優先的に対応するべき重要なリスクを選定し、具体的な対応計画に基づいたリスク管理を実施します。
  2. 経営上の重要なリスクへの対応方針やその他リスク管理に関する重要な事項については、取締役会および監査等委員会に報告を行います。

5. 監査等委員会の職務を補助する組織とその独立性等について

監査等委員会の職務を補助すべき従業員の組織体制として監査等委員会室を設置し、監査等委員会直轄組織として取締役(監査等委員である取締役を除く)および執行役員からの独立性および監査等委員会からの指示の実効性を確保します。

6. 監査等委員会への報告体制と監査の実効性の向上について

  1. 本会社および子会社の取締役(監査等委員である取締役を除く)、執行役員および従業員(以下「役職員」)が本会社の監査等委員会に報告すべき事項についての規定を定めるとともに、本会社の業務または業績に影響を与える重要な事項に関する役職員の報告が、本会社の監査等委員会に対してより確実かつ迅速に行われまたは伝達されることを確保します。
  2. 前号に記載のない事項に関しても、本会社の監査等委員会から報告を求められた場合は、本会社グループの役職員は遅滞なく本会社の監査等委員会に報告します。
  3. 前各号の報告を行った者がその報告を理由として不利な取扱いを受けないことを確保します。
  4. 法令が定めるところに従って、監査等委員の職務の執行について生ずる費用等の処理の方針を定め、これを関係者に周知徹底します。
  5. 監査の実効性を向上させるために、監査室ならびに外部監査人との連係を確保します。

7. 子会社を含めた企業集団の内部統制システム

本会社は、以下の事項をはじめとして、子会社が本会社グループの一員として整備・運用すべき事項を定め、本会社グループにおける内部統制システムの構築・運営・改善を推進します。

  1. 子会社を含めた本会社グループの行動規範として「電通グループ行動憲章」を策定し、子会社各社が本憲章の採択を決議します。
  2. 子会社から定期的に子会社の業務、業績その他の重要な事項に関する報告を求めるとともに、本会社の業務または業績に重大な影響を及ぼし得る一定の事項につき、子会社が本会社の事前承認を求めまたは本会社への報告を行うことを確保します。
  3. 海外グループ各社を統括する電通イージス・ネットワーク社を通じて、海外事業における意思決定や業務執行を効率的に行います。
  4. 子会社が電通グループ行動憲章を踏まえて然るべき規則を制定し、または取締役会等の決議を行うことにより、本会社グループとしてのコンプライアンスの確保およびリスク管理を行います。

8. 財務報告の適正性を確保するための体制

  1. 内部統制・リスク委員会のもと、本会社グループの財務報告の適正性を確保するための体制を維持し、継続的な改善を図ります。
  2. 業務執行部署および子会社は、整備・構築を行った内部統制が適切に運用されているか、日常業務を通じて自己点検を行います。
  3. グループリスク・内部監査オフィスは、業務から独立した立場で内部統制のモニタリングを実施し、財務報告に係る内部統制の有効性について評価を行います。

閉じる

このウェブサイトではサイトの利便性の向上を目的にクッキーを使用します。ブラウザの設定によりクッキーの機能を変更することもできます。詳細はクッキーポリシーをご覧ください。サイトを閲覧いただく際には、クッキーの使用に同意いただく必要があります。